· 

11月の山行計画

 

(2608)ゆっくり高尾山(たかおさん)(M・C・F)(599.3)(一般向き)

 

期  日 112()朝立ち日帰り。

 

集  合 JR高尾駅北口改札10時。

 

     ・京王新宿駅854分発特急高尾山口行きで高尾駅948分着が便利。

 

JRなら 東京844分>新宿858分>高尾953分の快速高尾行き。

 

コース 高尾駅北口(1007)(バス)(高尾山口駅前は1014)(バス)-大垂水峠(1100)……学習の歩道コース……もみじ平・昼食(13301400)……(裏道)……山上駅(1530)(ケーブルカー)-高尾山口駅(1600)解散

 

地  図 (昭文社)高尾・陣馬。(吉備人出版)高尾山。

 

費  用 交通費 高尾山切符 1,020円。バス代 300円。

 

 保険料等 100円。連絡雑費 100円。    合計 1,520円。

 

乗車券 京王新宿駅で「高尾山往復切符・ケーブル片道」1,020円を各自で買う。

 

 持ち物 標準装備。シルバーコンパスと筆記具必携。

 

      昼食は、山上の食堂で済ませる予定。

 

歩  程 ガイドブックのコースタイムで約3時間。

 

帰着予定 新宿駅17時頃。

 

その他 ◎前日午後7時の天気予報で降水確率40%以上なら中止しますが、個別に連

      絡はしません。係は集合場所に行きます。

 

◎このコース5月にNさんが計画したのと同じです。陽の短い時期ですが、下りはケーブルカーを利用するので問題ないと思います。

 

 

 

(2609)内田シリーズ54中倉(なかくら)浅間山(せんげんやま)(159.2)(せき)(とよ)愛宕山(あたごやま)(283)(一般向き強)

 

 期  日 113(金・祝)朝立ち日帰り。

 

集  合 JR千葉駅658分発内房線館山行き車内。

 

コース 千葉駅(658)==蘇我駅(704)==上総湊駅(809832)(バス)-中倉バス停(850900)……中倉浅間神社社殿……山頂奥宮(945955)……南尾根……181m峰……旧参道との出合・鞍部……尾根西側脇道……愛宕山山頂の西側巻道……地蔵峰手前の鞍部……林道……地蔵峰(264.0m・三角点)……林道戻り……田取林道……戸面原ダムバス停(1705)(バス)-上総湊駅(1740)解散

 

地  図 (1/2.5)鬼泪山。

 

費  用 交通費 千葉駅~上総湊駅 970円×2

 

バス 上総湊駅~中倉 500円。

 

           戸面原ダム~上総湊駅 600円。

 

 保険料等 100円。               合計4,300円。

 

乗車券 上総湊駅まで各自で買う。

 

持ち物 標準装備。

 

歩  程 約6時間(休憩・食事含む)

 

帰着予定 上総湊駅1740分、千葉駅1922分。

 

参  考 房総山岳誌189ページ。新ハイ誌 平成112月号木之根峠~関豊愛宕

     山。

 

その他 新年初詣山行で隣の181m無名峰まで足を伸ばそうと思って方向を間違えた「リベンジ」山行。その先稜線伝いに愛宕山旧参道跡(廃道と化した)を辿ってみよう。

 

 

 

 (2610)(なき)虫山(むしやま)(1,104)(一般向き)

 

期  日 116()朝立ち日帰り。

 

集  合 東武日光(とうぶにっこう)駅改札出口930分。

 

コース 東武日光駅(930940)……御幸町……神ノ主山(1045)……鳴虫山(12251300)……合峰(1330)……独標(1410)……やしおの湯分岐(1510)……総合会館前(⒖:40)(バス)-東武日光駅(1600)解散

 

      (東武日光16:23 リバテイ特急けごん40号 浅草駅18:15)

 

      (東武日光17:23 特急けごん44号  浅草駅19:15)

 

地  図 (昭文社)日光。

 

費  用 交通費 東武浅草~東武日光 1,358円+特急券1,440円×2(往復)

 

バス 280円。

 

     保険料等 100円。

 

乗車券 東武日光駅まで各自購入。

 

持ち物 標準装備。行動食。地図。

 

歩  程 累積標高差725m 歩行距離 約9.0km(約4時間 休憩含めず)。

 

その他 ①雨天の場合は中止です。前日係りより参加予定者へ連絡します。

 

     ②行きは浅草7時30分発特急「けごん5号」東武日光駅920分着        が便利です。

 

 

 

 (2611)東京遊歩(Ⅱ)-38登計(とけ)トレイル』(一般向き)

 

期  日 1111日(土)朝立ち日帰り。 

 

集  合 青梅線、奥多摩駅改札外 9時。 

 

コース 奥多摩駅……奥多摩むかし道……()(むら)……小留(こと)(ずら)(おか)……登計トレイル……

 

     登計峠……登計園地……奥多摩駅・解散 

 

地  図 当日、配付します。 

 

費  用 交通費 2,840円(本八幡駅起点)。

 

     参加費200円(保険料100円、資料代100円)。 

 

乗車券 各自にて購入。 

 

持ち物 標準装備。

 

歩  程 約4時間。 

 

帰着予定 奥多摩駅 14時頃。 

 

その他 荒天中止の場合は、前日20時までに、ご連絡いたします。 

 

 

 

 (2612)東海道を歩く(26)坂下(さかした)三雲駅(みくもえき)(日程を変更しました)

 

期  日 1112()13()朝立ち一泊二日。

 

集  合 12日 関西本線・関駅改札出口付近に12時までに。

 

     東京駅発733「ひかり503号」に乗車し名古屋駅乗換(9:1710:05)      快速亀山行きで亀山駅乗換(11:0711:14)加茂行きで関駅着(11:21)

 

コース [12]関駅(12:00)(タクシー)-片山神社……鈴鹿峠……万人講常夜灯休憩所(13:3013:45)……馬子唄碑……山中一里塚公園……道の駅あいの土山(14:3015:00)……本陣他跡……白川橋バス停(15:41)(バス)-水口駅……宿(17:00)

 

[13]宿(8:00)(タクシー)-白川橋……垂水斎宮頓宮跡……市場一里塚跡……大野村漢詩碑……今郷の一里塚跡……水口東見付跡……本陣跡他……水口城址……泉の一里塚碑……藤房卿墓所妙感寺道標……草津線三雲駅(14:59)==草津駅乗換(15:1715:30)=東海道線=米原駅(16:19解散)

 

地  図 (1/2.5) 鈴鹿峠。土山。水口。三雲。

 

費  用 交通費 JR稲毛~関  5,290(ジパング)

 

                    三雲~稲毛  6,120(ジパング)

 

         新幹線 東京~名古屋 2,870(ジパング)

 

                          米原~東京    3,170(ジパング)

 

              現地交通費 約2,000円。

 

     宿泊費(一泊二食付き) 6,000円。

 

     保険料等 400円。資料代 100円。

 

乗車券 関西本線関駅まで各自で購入。

 

持ち物 標準装備。着替え。地図。弁当1食分。その他必要な物。

 

宿泊先 12日 あや乃旅館 ☎ 0748-62-0998

 

歩  程 12日 約11km (4時間)  13日 約12km (5時間)

 

帰着予定 米原駅 13日 1619分。

 

その他 12日の昼食は関駅到着後、隣の「道の駅」を利用します。

 

      道の駅には軽食等の販売があります。

 

           11月は宿の都合で(日~月)となりました、出発日にご注意

 

 

 

 (2613)千葉氏関連歴史散歩:郡上(ぐじょう)八幡(はちまん)[()郡上(ぐじょう)八幡(はちまん)城跡(じょうあと)()千葉(ちば)城跡(じょうあと)等]

 

(軽ハイク・行先変更)

 

期  日 1112()13()朝立ち12日。

 

集  合 12日 東京駅東海道新幹線 703分発「ひかり461号」岡山行き2号目車両。

 

コ ー ス  [12]東京駅(7:03)==名古屋駅乗継(9:089:22在来線)==岐阜駅乗継(9:4910:17高山本線)==美濃太田駅乗換(10:5311:34)(長良川鉄道)=郡上八幡駅(12:54)……市内観光[宗祇水(湧水、博覧館、山内一豊と妻千代の像、郡上八幡城跡等)]……宿泊

 

[13]宿……郡上八幡駅(7:53)==万場駅下車(8:14)……阿千葉城跡散策等……万場駅(9:16)==徳永駅(9:23)……篠脇城跡~東氏館庭園、明建神社散策……徳永駅(14:32)==美濃太田駅乗換(16:1216:19特急)==名古屋駅乗継(17:0217:35)=「ひかり476号」=東京駅(19:40)解散

 

地  図 郡上市地図。

 

費  用 交通費 20,000(JRジパング、私鉄)

 

宿泊費 7,000(1泊朝食付き)

 

保険料等+資料通信代  400円+100円。

 

乗車券 美濃太田駅までの乗車券(往復)と名古屋駅までの新幹線(ひかり)(往復)

 

各自で購入下さい。ジパングが便利です。

 

持ち物 標準装備。行動食。健康保険証。地図。ストック。防寒具。他。

 

宿 泊 先 12日 旅館 満州屋 0575-67-1255

 

歩  程 12日 約4時間。13日 約4時間。

 

帰着予定 13日 東京駅20時頃。

 

その他 1.房総の千葉氏の歴史探訪の関連として、千葉常胤の六男、東胤頼の子孫

      郡上八幡に移住し続いたそうです。阿千葉城、明建神社、その他探訪し

      ましょう。

 

           2.もし雨天でも宿には行きたいです。

 

      3.参考 郡上八幡観光協会 tel.0575-67-0002

 

                大和観光協会 tel.0575-88-2211

 

 

 

 (2614)本部合同:房総・(とうげ)塚山(づかやま)(206.0)大沢(おおさわ)天王山(てんのうざん)(210)(一般向き強)

 

期  日 1118()朝立ち日帰り。

 

集  合 JR千葉駅④番線658分発館山行き中央付近。

 

コース 千葉駅(658)==竹岡駅(815830)……八坂神社……峠……大沢峠……峠塚山……大沢天王山(11301210)……竹岡林道……金谷林道……華院……浜金谷駅(14301505)解散==千葉駅(1640)

 

地  図 (1/2.5)上総湊。保田。

 

費  用 交通費 千葉駅~竹岡駅 1,140円。浜金谷駅~千葉駅 1,140円。

 

     保険料等 100円。資料代 100円。

 

乗車券 内房線竹岡まで各自で買う。

 

持ち物 標準装備。

 

歩  程 約5時間30分。

 

帰着予定 浜金谷駅1430分頃。

 

申し込み 11月例会、又は14日までに鈴木へ。

 

参  考 内田栄一著・房総のやまあるき182ページ。

 

その他 不確かな昔の道を辿ります。雨天不参加自由。

 

 

 

 (2615)(おく)武蔵(むさし):未定

 

 期  日 11月中下旬。都合により、中止致します。

 

 

 

 (2616)東京遊歩(Ⅱ)-39(くず)原岡(はらがおか)大仏(だいぶつ)ハイキングコース』(一般向き)

 

期  日 1125日(土)朝立ち日帰り。 

 

集  合 横須賀線、北鎌倉駅東口改札 930分。

 

コース 北鎌倉駅……葛原岡神社……大仏ハイキングコース……高徳院……光則寺… …長谷寺(はせでら)……御霊(ごりょう)神社(じんじゃ)……長谷駅(解散)

 

地  図 当日、配布します。 

 

費  用 交通費2,350円(本八幡駅起点・江ノ電含む)。

 

     参加費200円(保険料100円、通信費・資料代100円)。 

 

乗車券 各自にて購入。 

 

持ち物 標準装備。 

 

歩  程 約3時間30分。 

 

帰着予定 長谷駅 14時頃。 

 

その他 荒天中止の場合は、前日20時までにご連絡いたします。 

 

 

 

 

 

(2617)内田シリーズ55木之根(きのね)(とうげ)(260)戸面(とづら)(はら)ダム~(せき)(とよ)愛宕山(あたごやま)(283)

 

                         (一般向き強)  

 

 期  日 1128()朝立ち日帰り

 

集  合 JR千葉駅745分発内房線館山行き車内。

 

コース 千葉駅(745)==蘇我駅(755)==保田駅(913930)……保田中央バス停(950)(バス)-金束駅バス停(102030)……大山林道……御所覧場(11301215)木之根峠……急斜面のザレ……尾根……三界霊塔……茶屋ノ台……竹ヤブ・田……木之根堂……上郷橋……岩井原バス停……参道(階段)……田取林道……関豊愛宕山……戻り……田取林道……戸面原ダムバス停(1705or1525)(バス)-上総湊駅(1735or1550)解散) 

 

地  図 (1/2.5)鬼泪山。金束。

 

費  用 交通費 千葉駅~保田駅(片道) 1,320円。

 

 バス  保田中央バス停~金束 510円。

 

  戸面原ダムバス停~上総湊駅 600円。

 

  保険料等 100円。                 

 

乗車券  保田まで各自で買う。

 

歩  程 約6時間(休憩・食事40分含む)

 

帰着予定 上総湊駅1740分頃。

 

その他  旗揚げした頼朝が越え、里見武士団の峠越えの休息地御所覧場、ここで

      故国を振り返り、別れを惜しんだという。だがしかし、関東の覇権を

      賭けた北条軍との国府台合戦では、その夜襲によって惨敗し撤退敗走。

      再度この峠に無念の帰還をしたのは僅か・・・。

 

参  考 ◎房総山岳誌(内田栄一)193P。

 

     ◎新ハイ誌554(平成0112月号)44P。